ドーブル好きのポケモンブログORAS

  • 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告

【ORAS】 シーズン7最終2141『ラティアス軸ドーブルバトン』 【最高レート2165】

こんにちは。カンロというトレーナーネームでORASをしているものです。
ブログタイトルにもあるようにドーブルを軸にした構築を紹介させて頂きます。
レート2000でもう限界かと思いましたが、少し手を加えて2100を突破、2150も突破できました。

大まかな流れはこちらです。

1.パーティ紹介
2.コンセプト
3.個別解説
4.まとめ



いつも以上に文量が多くなりますので、ご了承ください。
XYシーズン2期に使用したパーティのORAS版のようなものです。
以前より安定度が増し、こちらだけ読んで頂ければ十分かと思いますが、気になる方が居ましたら下記からどうぞ。
『シーズン2 2150到達PT』

それではパーティ紹介に移りたいと思います。


1.パーティ紹介

トレーナーカードOR

パーティメンバー最終

【実績について】
ORASレート:最高2165 (最終2141)
最高レートの時に写真を撮り忘れたので代用。この方に勝利をし、2165となりました。
最高レート直前



2.コンセプト

ドーブルを使うことと言えばそうなんですが、このドーブルはバトン軸です。
如何にバトンをアシストパワー持ちのラティアスに繋げるかが鍵となります。
パーティの配置でドーブルとガルーラを横並びにすることでガルーラへのバトンと誤認させることも考えてます。
それに伴い、メガラティアスと誤認させ、ゲンガーは襷かヘドロゲンガー? とか型を読まれないようになるかなと。
気休め程度ですが、相手に型を絞られないことで、アドバンテージを稼ぐことが地雷パーティの醍醐味かと思います。

今回はムラっけバトンを運用する上で、非常に便利なツールがありましたので、それを自分なりに修正し使用しています。
『HIDE様のブログ』←こちらが元のムラっけカウンターを公開してくださった方です。
自分なりに使いやすいように加工したものがこちらです。
簡単に言えば、アシストパワーの威力を自動で出力し、ダメージ計算も行えるように変更しました。

ムラっけカウンター
この記事で興味を持ってムラっけドーブル+アシストパワーバトンを考える人にとっては使いやすいツールだと思いますので、一定期間配布しています。リンク切れしたあとに欲しい方がいましたらコメントやTwitterにてお知らせください。
『カンロ式ムラっけカウンター配布先』(一ヶ月間) PW=muramura


なお、バトンパの性質上、吠えるなどの強制交代技。
無限型のTOD戦術挑発やアンコールには脆く、苦手なポケモンも存在します。
上の技ほど多くはありませんが、滅びの歌、のろいもバトンパへの対策として候補に挙がる技ですね。

滅びの歌と呪いについては、やられる前に倒してしまうしかありません……。
ついでに言うと、一撃技でラティアスが倒される、ジュペッタなどの先制道連れ、襷ミラコなどでも負けます。
使用する際は考慮しつつ立ちまわってください。


なかでもキノガッサ、ボルトロス、クレッフィ、エルフーンは非常に気をつけなければなりません。
いたずらごころは最強の特性だと思います。
しかし、何とかならないわけではないので、個別解説欄や総評にて詳しく記述していきます。


3.個別解説

注意:丁寧語が消えている、文体が安定していないですが、ご容赦ください。

ラティアス

ラティアス @ しろいハーブ
実数値:183(220)-×-155(244)-128-150-136(44)
性格:図太い
特性:浮遊
技構成:アシストパワー、竜の波動、瞑想、自己再生


H:16n-1が出来なかったので8n-1にしましたが、再生も考慮すると普通にHPに振りきってよかったと思います。
B:先制技の多くが物理技、蝶の舞でDはカバーできるがBはカバーできない可能性が高いので可能な限り。
S:最速71族抜き→1段階上昇で実数値204扱いで、130族抜き調整よりも早く。135族は抜けない。

実は理想個体ではありません。Cの実数値が理想よりも-2されています。
妥協したのは早く試したかったからなんですが、今思えばなぜ妥協してしまったのかという感じです。
理想を借りるにしても臆病個体ばかりなので自主的に厳選するしかないので悩みどころ……。
耐久について細かい調整はしていないですが、下がった能力値が発生すると事故になるので、白いハーブです。
特に命中率下降したままバトンするとひどい目を見る時があります。
それに加えてせっかくB耐久に振ったのに、B下降でバトンしたら先制技で壊滅し得るので。

HB耐久の目安として、メガリザXの特化ドラクロを確定耐えする耐久があります。
しかし、Hに振った場合でも最高乱数以外は耐えるので、たぶんHに振ったほうが良いでしょう。
Bが上昇してバトンした際は、実数値が高いほうが有利なので選択ではありますけどね。

威力目安として、HBD調整型の輝石ラッキー H331 D152×1.5 ですと。
C4上昇威力340で、割合: 97.2%~114.5%でした。倒せないんかい!(驚愕
ちょっとラッキーが異常ですけど、このぐらいの火力があれば。
HB特化クレセリアに対して半減で107.0%~126.0%
そのぐらいの火力はありますし、このぐらいの火力に成長させることも容易いです。
能力上昇などについてはドーブルの欄に詳しく記述します。

【技構成について】

アシストパワー:この戦術の要
竜の波動:あくタイプがいても選出が揺るがない、タイプ一致の優秀なウェポン
瞑想:有利対面での後続がラッキーなどの時の、火力パンプ技。または再生と組み合わせてバトン失敗時の全抜きの要。
自己再生:回避が上がった時に、再生により勝ち筋、瞑想と組み合わせて起点を作るなど。

選択肢として、みがわりはありかもしれません。しかし、バランス的にこれが一番だと思います。
あくタイプが入ろうと打ち抜き、倒して欲しいので。

ゲンガー

ゲンガー @ ゲンガナイト
実数値:135-×-80-182(252)-96(4)-178(252)
性格:臆病
特性:浮遊→かげふみ
技構成:シャドーボール、こごえるかぜ、ちょうはつ、みちづれ


先発役その1。基本的な役割は影踏みで相手を縛りつつ、ステロ巻き、あくび持ちなどには挑発を入れる。
スイクンが先発だった場合に、ねむるに挑発を当てて無理やり突破したり、バンギを道連れにするなど。
また構築で重いキノガッサに対して、凍える風→シャドーボールで倒せること。相手はほぼ岩石封じからスタートする。
この子の器用さは凄まじい。
HSにしてない理由は耐えてどうするんだって感じがあったので、グイグイ押していこうという感じに。
鉢巻ファイアローとかに倒されても鉢巻ってことが分かればドーブルがキングシールドしたりでなんとでもなるので。

【技構成について】
シャドーボール:メインウェポン、削りたい相手には打っておく。
凍える風:Sを下げたい相手に打つ。チョッキランドロスとかでも2回で倒せるようになるとか。色々素晴らしい技。
挑発:相手のSが早い挑発持ちを封じたり、起点作り阻止。PTに一体は挑発持ちは欲しかったので。
道連れ:相手のガルーラや積んできて止まらなさそうな相手を無条件で持っていく。
     相手が瞑想を連打してきた→挑発→道連れで突破など。シナジーがあった。

マンムー

マンムー @ ラムのみ
実数値:186(4)-182(252)-100-×-80-145(252)
性格:陽気
特性:あついしぼう
技構成:つららばり、地震、岩石封じ、氷の礫


先発枠その2に加えて、選出抑制枠その1、かつ選出誘引枠その1
ボルトロス、クレッフィ、キノガッサ、グライオン、エルフーンに対して選出の時点で圧力を掛けていく。
そしていばる運ゲーを絶対に許さない。
身代わり貫通のつららばり、クレッフィに通る地震。鋼にも概ね強いので、アシストパワー時の邪魔者を排除。
このポケモンに強い水ロトム、クレセリアなど相手の選出を誘導することも兼ねている。
見せ合いの時点で仕事をこなしてくれる感じが凄かったです。
相手のポケモンを倒すことを目的としていないので、意地っ張りではなく最速にして、ガッサの上はちゃんと取れるように。

「2100なんて無理だ、乗れない……!」
ってなってたときにひょっこり出てきた救世主。
BW時代に愛用してたポケモンの一体でもあるので嬉しい限り。

【技構成について】
つららばり:グライオン、エルフーンなどの身代わり害悪、キノガッサの襷貫通など狙い。
地震:メインウェポン。
氷の礫:イタチの最後っ屁にもなりうるのと、キリキザンに対してふいうち読みで礫を打って削ったり。
岩石封じ:ゲンガーの凍える風と大体同じ。メガゲンガー対面ではこれを打って、地震で倒せるようにした。

ウォッシュロトム

ウォッシュロトム @ オボンのみ
実数値:157(252)-×-173(244)-125-127-108(12)
性格:図太い
特性:浮遊
技構成:ハイドロポンプ、ボルトチェンジ、電磁波、毒々


選出抑制枠その2。
ファイアローやスイクンなどの抑制につながればいいと思って採用された枠。
選出率は圧倒的下位。
フシギバナが絶対に相手から出てくるのが分かっていて、先発要員の三体が活躍できない時のみ起用。
フシギバナに電磁波を打って退場して貰うだけがお仕事。

それ故に、オボンのみで物理受けである必要はさほどなく、トリックを用いたコダワリ型のほうが噛み合っているように思えた。ガッサに対して、強くなれるように、Sに振ってめざ氷、寝言とかでもいいんじゃないかなとか一瞬思えた。
このPTでほぼ選出しなかった故に、もっと噛み合った構築があると思います。

ガルーラ

ガルーラ @ ガルーラナイト
実数値:181(4)-147(252)-100-×-100-156(252)
性格:陽気
特性:きもったま→おやこあい
技構成:すてみタックル、れいとうパンチ、ほのおのパンチ、地震


S:最速にすることで、ボーマンダやミラーでも多少有利に。まもるのないルカリオ、バシャーモを倒す。

先発枠、抑制枠、誘引枠三つ兼ね備えた神。
クレセリアを誘引する神であり、ニンフィアやウルガモスなどを一撃で屠る火力を持ち、ゲンガーを凍らせる。
地面弱点との対面で、相手が地震読みランドロスを出してきた時に、容赦のない冷凍パンチで一撃で屠る。
交代で出てきたナットレイを焼き殺し、カバルドンを凍らせる。全てにおいて最強だった。
終盤ではさほどなかったが、序盤ではこいつ一体で相手のPTを壊滅させることもしばしば。
すてみで倒した後に、ハッサムがヒョイっと出てくるとほぼ勝ち。
このPTでのガルーラの役割はエースではなく、相手のポケモンを流し、ドーブルへの有利対面をつなぐことです。
簡潔に言えば、捨て駒であり、そのまま居座るとまずいってやつは大抵倒せる火力があるので素晴らしかった。
すてみが通らないゴーストにはとりあえずれいとうパンチで凍らす。熱湯持ちにはダメージ稼ぎですてみ打っておく。
炎のパンチを打つのは倒せる時だけです。火傷をさせてしまったら眠らせられなくなるので。

このガルーラを受けられるポケモンでメジャーなのがクレセリアとカバルドンということもあって、その二体を起点にしてなんとかするってことが非常に多かった。クレセリアなら9割方、勝ちを確信したと言えるでしょう。

【技構成について】
すてみタックル:メインウェポン。ミラーマッチのさいに相打ちの可能性の増大。自主退場技として。
地震:ギルガルド対策と優秀なサブウェポン。テンプレ残飯ギルガルドの身代わりが貼れないぐらいまでは確か削る。
冷凍パンチ:氷結技。ガブリアスやランドロス、グライオンなどを許さない。ついでにキノガッサに対しても。
炎のパンチ:基本的に四倍相手に打つ技。エアームドは凍らせることを狙ったほうがいい。ナットレイを倒すため。

ドーブル

ドーブル @ 気合の襷
実数値:143(100)-22-75(156)-×-65-139(252)
性格:臆病
特性:ムラっけ
技構成:キノコのほうし、キングシールド、ちょうのまい、バトンタッチ


H:16n-1
A:イカサマと混乱自傷考慮で最低値。
B:残り
S:最速

耐久調整について。調整というよりは、16n-1にした時に物理耐久、特殊耐久ともに最も効率が良いものがコレでした。
実数値を見れば分かる通り、非常に脆いです。ステロ+ローブシンのマッパとかで普通に沈み兼ねない。
持ち物は気合の襷一択。起点にしている際の急所もカバーし、一撃技も耐える。

クレセリアなどの自分よりSが遅いポケモンに対して、キノコの胞子で眠らせた後、蝶の舞によって積む。
蝶の舞を積めば確定数が代わり、D耐久がそこそこなものとなる。
特殊アタッカーなら起きたあとの一撃を耐え、もう一度眠らせて起点にすることが出来たり。
物理アタッカーについては、接触技を打つしかない相手に対してはキングシールドをしAを下げる。非常に重要。
特に何持ってるかわからんけど、はたきおとせばいいだろって感じの人が多かった。
マリルリ、バシャーモ、マニューラ、ハッサムなど。
マリルリ、バシャーモ、ハッサムは接触技しか持っていないためキングシールドが安定した。
ハッサムだとたまにキングシールド読みで剣の舞してくる人もいて、それだと少し不味いです。
かといって、相手が剣の舞してくると思って胞子を打つのは安定行動ではないのでしません。
ドーブルのキノコのほうしの存在はゲンガーの影踏みと同じで、交代を縛る力があります。
草タイプへの交代は誘引しますが、明らかに相手にフシギバナがいると思ったら蝶の舞をすれば良いでしょう。
フシギバナ程度であれば、交代されようがD1上昇でステロダメージが入っていてもヘド爆程度なら普通に耐えます。
その上、エスパーが弱点であるためフシギバナは割りと有難いです。
交代に蝶の舞を合わせ、もう一度蝶の舞をして、バトンをすればほぼ勝てます。
眠り粉搭載型は犯罪ですので止めてください。

上から挑発をされるとどうしようもないため、挑発持ちのSは下げておいて上から胞子をします。
アタッカーについても同じくですね。
(挑発仮想的としては、メガゲンガー、ファイアロー、マニューラなど)
Sを下げても上からいたずらごころ挑発をしてくるボルトロスは本当にきついです。
クレセを眠らす、バックからボルトロスオイスー→挑発クイクイッ とか見飽きました。
ボルトロスがいそうな選出だった場合、クレセを眠らす→相手のボルトロス読みで胞子とかを決めましょう。
それが決まってバトンする隙を作れば勝てます。
同じことは先制技持ちにも言えます。
バシャーモが先制馬鹿力を打って眠る→相手の控えにハッサムなどの先制技持ちがいそう。
交代読み胞子で眠らす→バトンしてバトン先で瞑想して火力補助など。

ムラっけバトンをする際に相手の眠りが最長の場合、次に起きるということが分かります。
その際はムラっけカウンターを見て、相手が挑発を持っているか、攻撃技しかないのかを判断し、キングシールドを。
そうすれば、攻撃を受けずに次にキノコのほうしをするタイミングが生まれます。
次に相手が最速で起きようが、ムラっけはターン数を稼げば稼ぐほどこちらが有利になる可能性が高いです。
相手に交代を強いるということでも1ターン分はこちらがアドを取れます。
それを当てにしたプレイングは駄目ですが、回避が2段階上昇するだけで、有利になる場面は多いです。

挑発、アンコール、トリックなどのドーブルにとってはきついものは回避が上昇すれば躱せます。
ほえるはXYから躱すことができなくなったので注意をしてください。

ジオコントロールについて一言。
これを採用する人はありえません。何を考えているのか聞かせてください。
なぜパワフルハーブを持たせて試行回数を削りリスクを増やすのでしょう。
あれはゼルネアスのように耐久の強いポケモンが一度詰めば十分な火力を発揮できるからであって、ドーブルに採用するものではありません。パワフルハーブジオコンバトンを使ってる人いますぐ蝶の舞バトンに切り替えましょう。
ドーブルの持ち物からパワフルハーブが消えることが私の目標でもあります。
使えば弱いことがわかると思います。
ジオコンバトンが何故か一般に周知されているので、そこは意表をつく上で有難いかもですけども。

【技構成について】
キノコのほうし:命中安定の眠り技、命中が下降することもしばしばあるためダークホールは不採用で決定。
キングシールド:物理アタッカーに対してA下降を。ターン数稼ぎにも最適。試行回数稼ぎの要。
ちょうのまい:アシパの威力を60も上昇させ、Cすらも上昇させる神技。これがなかったらアシパバトンは成り立たない。
バトンタッチ:美しい友情の証



4.まとめ

基本的な選出
1.ガルーラ 控え ドーブル+ラティアス
2.ゲンガー 控え ドーブル+ラティアス
3.マンムー 控え ドーブル+ラティアス

これだけですね。ドーブルは絶対先発では出しません。あまりにも刺さってたら出しますけど。

1.のパターンのBVがこちらです。基本的にこういう感じが理想の動きです。
CABW-WWWW-WWWV-RTFW & VX8G-WWWW-WWWT-V9JR

2.のパターンはこれです。
LK4G-WWWW-WWWT-V9U6

3.についてはこちらですけど、バトンはしておらず、マンムーが活躍しています。
D7CG-WWWW-WWWV-RUWA

以上がこのパーティの使用方法となります。
ここまでポケモンについて自分の考えていることを文章にしたのは初めてかもしれません。
レーティング環境に多いポケモンで、このパーティにとって辛い要素に関する解答はここに記せたかと思います。
ドーブルを主軸に、バトンパを考案する人にとって参考になれば幸いです。
レーティングも終え、自己最高レートであった2159を越えることができ、満足でした。

最後に、ドーブルを使って上位に行った人がいましたら是非教えてください。
そして新たな発想や考えを聴かせてくださると嬉しいです。

ここまでご拝読くださり、ありがとうございました。
コメントやTwitterにて、質問があれば受け付けております。どうぞお気軽にお声を掛けてください。

Twitter:@tamanoe_tatsuki
スポンサーサイト

  1. PT紹介
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:11

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/01/13(火) 11:47:24 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

  1. 2015/01/13(火) 16:53:24 |
  2. URL |
  3. 玉ノ枝 樹@カンロ
  4. [ 編集 ]
襷が残っていればその方が優秀ですが、砂ダメもありますし、BやDが上昇することによってクチートのふいうちやら。
ギルガのシャドボなどを恐れないで済むためです。
速度重視であるなら殻を破るでもいいとは思いますが、ちょうのまいの方が安定だと思ったからです。

No title

  1. 2015/01/14(水) 12:37:48 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
以前のドーブル構築から興味を持って読ませていただいています。
現環境では、エーフィーよりラティアスのほうが動きやすいのでしょうか?
メガの存在が大きいのでしょうか?
簡単にその辺りの使用感?を教えて下されば嬉しいです。

No title

  1. 2015/01/14(水) 19:19:37 |
  2. URL |
  3. 玉ノ枝 樹@カンロ
  4. [ 編集 ]
コメントありがとうございます。

それぞれの利点をあげていきます。

エーフィ:挑発、吠える、毒みがまもで詰まない。純粋にCがラティアスより高い。

ラティアス:優秀な種族値。ドラゴンタイプ故に、ミトム、ヒートム、サンダー、ジバコなどの電気系統はめざ氷でもない限り有効打がなく、起点にしやすい。
バトンが失敗した際に、熱湯ほえるめいそう眠るスイクンをラス1から起点にして突破しやすいなどがあります。

エーフィの場合、B特化にしても先制技で止められることがありましたが、ラティアスに代わり、それがほぼなくなりました。
ほえるはバンギのほえる、カバルドンのほえるはキツイですが、スイクンなら起点にできますし(ドーブルを捨てることによって)それぞれにメリット、デメリットは存在します。しかし、エーフィのアシストパワーバトンは自分が回していたシーズン2よりも使用者が増えて、一般にも浸透しており、ほえるが無効にされることは分かりきっていると思うので、別の対策をしてくる人が多いのではないかと思いました。

メガする可能性があるものを三つ組み入れていたし、相手に嫌なイメージを与える意味でもラティアスを選択したのが総合的な判断です。

使用感としては、純粋に耐性が優秀すぎたのでラティアスのほうがいいやってなりました。挑発やほえるは立ち回りと運でなんとかなるでしょって感じがありましたね。

  1. 2015/03/01(日) 16:35:30 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
こんにちは
パワフルジオコンドーブルを採用しています
初手エルフーンを出し
追い風置土産
でつないでいますが使いやすいですよ
ドーブルを出した時交換も多いんで
1ターンで行う方がいいかと

  1. 2015/03/01(日) 21:31:36 |
  2. URL |
  3. 玉ノ枝 樹@カンロ
  4. [ 編集 ]
置き土産や壁貼りサポートがある状態でならそちらも有用かもしれませんね。
どれぐらい勝てているのか気になるところではありますが

  1. 2015/03/02(月) 21:34:52 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
2ch掲示板で同じ方法を使う人を見ましたが
その人は2000超えていましたxyですが

  1. 2015/03/04(水) 16:04:35 |
  2. URL |
  3. 玉ノ枝 樹@カンロ
  4. [ 編集 ]
今のXYレートで、2000ならだいぶ良いですね
火力調整とかしつつ、一瞬で回すのも良いかもですね

クレセリアとかで唯一怖いのは電磁波、毒々ですが、エーフィとか使えばその心配もなくなりますし

  1. 2015/05/19(火) 16:35:39 |
  2. URL |
  3. けりー
  4. [ 編集 ]
ジオコンバトンにかんしてそこまで強くいう理由がわかりません
たしかにあれはドーブルにしかできないこととはいえリスクが高く安定しませんし、私もタスキ蝶舞のほうが戦略性があると思いますが

そんなバッサリいわなくても伝わると思うんですけど……


  1. 2015/05/19(火) 20:55:42 |
  2. URL |
  3. 玉ノ枝 樹@カンロ
  4. [ 編集 ]
この記事を書いた当時はジオコンバトン型が当然のものとして認知されていまして、それ以外の認識が薄かったもので、強めの言い方をしてしまっていました。
申し訳ありませんm(_ _)m

むらっけカウンター

  1. 2015/11/24(火) 23:54:51 |
  2. URL |
  3. mimi
  4. [ 編集 ]
記事を読んで非常に興味深かったため恐れ多くながら運用してみようと思います!
むらっけカウンター欲しいです。
よろしくお願いいたします。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

玉ノ枝 樹@カンロ

Author:玉ノ枝 樹@カンロ
ポケモンORASやってます。
ドーブルちゃんファンクラブを作りたい。
フレコ@4184-2372-2659

ポケモンブログランキング

クリックしないと無意味らしい。 割と酷だと思う。

最新トラックバック

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
3850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
313位
アクセスランキングを見る>>

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。